第5回AKB48総選挙 1位は指原莉乃!5位篠田麻里子は卒業宣言!その理由とは?


img_5d5e98ae65025ca7a4d5a185a67aa8bc417408

6月8日(土)日産スタジアムで行われた

第5回AKB選抜総選挙、1位は自身初の

HKT48、チームHの指原莉乃さんでした。

得票数も15万票と2位大島優子に

約14000票の差をつけまさに「番狂わせ」でした。

 

スポンサードリンク



指原莉乃さんは昨年スキャンダルでAKB48からHKT48へ移籍しており、

それからこの1年間は孤独を感じて仕事をしていたそうです。

しかし今回のこの結果、15万票という得票数を見て

孤独じゃないんだ」という事を感じれたそうです。

 

 

過去AKB選抜総選挙ではAKB48以外のメンバーは1位を獲得した事

がなかったので、今回の指原莉乃さんの1位はまさに偉業と言えるでしょう。

スポンサードリンク

篠田麻里子の引退宣言とその理由

 

U4tdSa7u3RHBeIm_0

 

今回のAKB選抜総選挙は1位が指原さんと言うのもびっくりですが、

何といっても5位の篠田麻里子さんの突然の引退宣言でしょう。

 

 

去年「私を潰すつもりで来い!」と後輩に挑発的な宣言をしていたが、

今回の発言では「後輩の勢いは見届けた」と、自分が抜けても大丈夫

という感じで後輩の成長を認めたのでしょうね。

 

 

年齢的にもAKB48では最年長の27歳で、

アイドルには限界も感じていたのかもしれませんね。

 

今後は1か月後にある福岡ドームで卒業する予定です。

その後はソロで活動する事になりそうですが、

頑張って欲しいですよね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す