ガリレオ2最終回~テレビの初夏が終わり、映画の夏が始まります。



さてガリレオも佳境に入りました。

ついにネタが前半、後半2部分け、

ラストを飾る最終回の後半は30分延長番組です。

 

スポンサードリンク



しかもその2日前は、「内海薫の最後の事件」というようなタイトル、

つまり3日間

とってもガリレオデーなんですね。

更に映画真夏の方程式を見に行く人、すっかり湯川先生ワールドですね。

 

ガリレオの感想

今回のガリレオちょっと推理方面は「面白くない」

と、湯川先生ほどクールなことは言いませんが、何となく全部妙な

電磁波系統なトリックで終わっているのが、ちょっと残念です。

スポンサードリンク



やはりあの数式シーンは、

トリックがややこしいほど説得力がありますね。

 

冷静に考えたら、湯川先生登場以前に警察に出来ることもあるだろう、

という話は昔からあるのですが、敢えて湯川先生が解く面白さが勝っていたのです。
次回はそこを期待しましょう。

既にパート3を待っていますw

その前に今回の最終回に期待ですね。

 

ガリレオは古畑任三郎に似ている?

 

今回のガリレオで忘れてはいけないのが「渡辺いっけい」

2d0ac179d1ee34788d27c0f1079cc1f7

登場率高いですw
うっかりすると、スピンドラマ「栗林助手」という

番組でも見ているのかというほどに(笑)

 

実は結構、栗林先生のファンがいたんでしょうか。

何となく違う気がします。

 

この構図何かに似ていると思ったら「古畑任三郎」古畑今泉です。

更にいうと主人公は「透かした変人系イケメン」イケメンが演じているのです。

 

このパターンははまると、いいシリーズになるんですねえ。

田村正和、福山雅治に次ぐ第3のイケメンは誰なのか、

青田買いをしておくのもいいかもしれません。

 

もっとも古畑=脚本、ガリレオ=原作の力ありきですけどね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す